板東けいじ


トップへ

めざすべき未来

プロフィール

メッセージ

後援会

メール

こんにちは板東です

こんにちは 板東です 板東敬治が伝える市政報告

2005年4月1日号

 
3月議会が行われました

一 般 会 計 703億8000万円
特 別 会 計 569億5630万円
水道事業会計 66億4600万円
合  計 1339億8230万円

主な事業を紹介します 

○電子入札システム事業  1096万7千円
  より効率的・公正な入札を実施するために導入してます。土木・建築の工事で3000万円以上のものを
  対象にします。 
  
○1課1ホームページ推進経費  71万1千円
  きめ細かくタイムリーな情報発信のため各担当課でのホームページ作りに取り組みます。現在36箇所で
  実施中ですが、来年度は71箇所(保育所・幼稚園なども含む)で立ち上げる予定です。
 
○洪水ハザードマップ・防災マップ作成  1029万1千円
  H.16年改正の「指定都市河川浸水被害対策法」のにより、寝屋川水系を含んだ洪水ハザードマップを
  作成中です。17年度中に全戸配布されます。

○コンビニエンスストア収納経費  354万1千円
  H.16年は軽自動車税と滞納督促分はコンビニで支払いができましたが、17年度からは市府民税・固定
  資産税・国民健康保険料も支払うことができます。

○市税・住民票関係証明書発行窓口一元化  660万円
  今年の1月から市民税・固定資産税・納税証明書が一箇所で発行されるようになりましたが、5月の連休
  明けから住民票・戸籍・印鑑の証明書も同じ「証明書発行カウンター」で受け取れるようになり、一元化が
  進んで参ります。

○京阪本線連続立体交差事業  267万3千円
  寝屋川市から枚方市にかけて5.5kmの鉄道高架化にむけた調査費が国庫採択されました。高架すること
  によって沿線がどのような街になるのか(街づくりビジョン)を3年かけて調査が行われます。

○JR東寝屋川駅エレベーター設置  4033万3千円
  念願となっていたエレベーター設置の工事に入ります。イズミヤ側から改札外までに一基。改札に入って
  ホームまでに一基。構造上計2回エレベーターに乗っていただくことになります。
  
○中木田中学校校庭貯留浸透施設実施設計業務  370万円
  台風23号で浸水被害のあった地域に、被害を抑えるため計上されました。学校に降った雨水をすぐに下水
  に流すのではなく、一旦グランドに溜める施設です。

○国際理解教育推進事業  1億4507万8千円
  「英語教育特区」の指定を受け、小学校では、5・6年生で週1回の英語授業を受けるようになります。
  中学校では、外国人英語指導助手が生の英語を教えてくれます。

○図書館のフルオープン化  203万9千円
  中央図書館では、第一金曜日だけが休館になります。開館時間は、平日9〜19時、土日祝日は9〜17時
  になります。東図書館は、NPO法人に委託さえることになりますが、そこでは子どもや高齢者向けサービス
  を充実していく予定です。

○産業振興センター整備事業  9595万円
  寝屋川市駅前という立地のよさを生かすため「産業振興センター」とするための予算です。就労支援
  センターが設置済みですが、今後交流サロンや研修室を設けたり、「地域ポータルサイト」の発信元として
  の場となる予定です。

北河内4市リサイクル施設組合専門委員会より最終報告書が出されました

■北河内4市リサイクル施設とは・・・
  枚方市・交野市・四条畷市・寝屋川市の4市が共同して、寝屋川市打上地区に建設しようとしている
  廃プラスチック圧縮梱包施設のこと。

■専門委員会とは・・・
  家庭から収集したプラスチック類を圧縮梱包することで、有害ガスが発生し、その排出によって人体に害を
  及ぼすかもしれないとの不安の声があり、専門家である大学教授等の有識者によって判定いただこうと
  作られた委員会です。

■実験方法と検討方法
  産業技術研究所で、実際と同じ工程で圧縮する実験機を作っていただき、家庭から出されたプラスチック類
  を実際に圧縮し、その時に排出されたガスを採取します。そのガスに含まれている物質が何かをを特定し、
  環境への影響を判断します。微量ではありますが、科学ではまだ未知の物質も採取されたことから、念を
  入れ、施設外に出さないようにするため、この物質が活性炭でどれだけ取り除けるのかを確認したうえで、
  環境影響の判断をされました。

■報告書での最終判断 (原文より抜粋)
  計画中の廃プラスチック類圧縮梱包施設から発生すると予想される有害ガスについては小さな値である
  が、施設の環境安全を考慮して設置される換気施設および排気浄化用の活性炭吸着塔を通過させれば、
  トルエン換算値(TVOCと類似)として90%以上除去できることから、排気中に残存する物質はごくわずか
  であり、周辺環境にほとんど影響を与えないと判断される。
  なお、施設ならびに周辺地域でのモニタリングの継続実施とその表示、それによる速やかな活性炭の交換
  や情報公開の徹底等に対する取り組みを行うことが必要である。

多くの方からこの専門委員会での報告が待たれておりました。この内容については改めてご報告いたします。

寝屋川で最も歴史のある学校は?

シリーズねやがわ史答え・・・南小学校

明治5年に公立小学校の全身の郷学校が堀溝の大念寺にできた。当時の授業は、
読み方・暗誦・算術・書き方の4教科。男女共学であった。
この地が選ばれたのは、奈良街道沿いに商店が並び、大阪通いの寝屋川舟運の船着場としての交通の要所で、地域の中心であったことから、近郷19か村が連合して堀溝に設置したと考えられる。
後に(明治9年)小さな学校が多くできるようになる。堀溝、木田、秦、高宮、三井、太間、池田、仁和寺、神田、打上、燈油。
堀溝郷学校は、その後、堀溝小学校、寝屋川尋常小学校、寝屋川国民学校などの名を経て、昭和26年に
寝屋川市立南小学校となる。
教員の一人に、日露戦争で名をはせた「秋山好古」陸軍大将がいる。

 


「BANDO PRESS」を配布いただけるボランティアを募集しております。
ご近所・お友達など5部以上お配りいただければ助かります。
ご連絡いただければお持ちいたしますので、よろしくお願いいたします。
 



戻る

Copyright 2002 BANDO KEIJI.,all rights reserved.