板東けいじ


トップへ

めざすべき未来

プロフィール

メッセージ

後援会

メール

こんにちは板東です

こんにちは 板東です 板東敬治が伝える市政報告

2007年10月1日号



9月議会が開催されました

6日〜26日までの日程で、9月議会が開催されました。
4月に改選され、初めての一般質問の機会であり、新人議員がどのような考えをもって、市政を改革しようと考えているのかが垣間見られる機会でもありました。 私も4年前の9月議会が一般質問のデビューでした。当時は、理事者側の答弁を聞き、行政用語を咀嚼して再質問へと移行する一連の行為が、緊張のあまり自分の思いを言うだけでいっぱいであったことを思い出します。


病児・病後児保育事業予算

児童が保育中に微熱を出すなど体調不良となったが、保護者が勤務等の都合ですぐに迎えに来られない場合、保育所で迎えに来るまで預かることができるようになります。
そのために、国・府・市から補助金を出し、専任の看護士等を置くことになります。
■実施予定園は・・・
ゆりかご保育園、こまどり保育園、あやめ保育園、池田保育園、めぐみ保育園
10月1日には、5園で実施されます。

公立の保育所では看護士を各園に配置されておりますが、民間での設置義務はありません。子どもは体調を崩しやすいため、制度化され、より安心感が高まります。


公立保育所の民営化

「ひまわり保育所」「かえで保育所」の民営化が議会を通過しました。厚生常任委員会の中で、引き継ぎのための合同保育をはじめ、保護者からの意見を取り入れた質問や要望が行われました。
■今後のスケジュール
  10月   民間事業者公募
         民間事業者選考委員会(5回)
  11月末日 民間事業者決定
  1月〜3月 合同保育
  4月以降の引継ぎ保育は、今後の調整

行財政改革の視点からも民営化は必要です。入園や保育料、保育士の設置基準等、公立保育所と制度はほとんど変わりません。保護者の不安を取り除くためにも、説明責任をしっかりと行うことが必要だと感じます。



新たなサービス 開始


出産育児一時金の受取代理人制度

■目的  国民健康保険の加入者が出産するとき、経済的負担を軽くするため、出産一時金を分娩を行う医療機関等へ費用を直接払う制度
■負担額 35万円が上限
  出産等の費用が35万円以上・・・世帯主が
   35万円を超えた分を、医療機関等に支払
  出産等の費用が35万円未満・・・国保が請
   求額を医療機関等に支払い、差額を世帯
   主に支払う
■10月1日からスタートします。出産予定日までの1ヶ月以内に事前申請が必要です。スタート時の対象者は11月1日以降に出産予定の方です
■注意
  医療機関等によっては、この制度に対応で
  きない場合があります
  保険料を滞納されている方は、対象となら
  ない場合があります
詳しくは、保険医療課にお問い合わせください

茨木市とを結ぶバス路線開通

京阪寝屋川市駅とJR茨木市駅とを結ぶ新路線が、京阪バスによって開通しました。
淀川の川向側との公共交通路線開設の要望がかつてより多く寄せられており、議会でも取り上げられていた課題です。 これまで行政も京阪バスへ強い働きかけを行っていましたが、その声が具現化いたしましたのでご報告いたします。

■平成19年9月29日(土)スタート
■ルート 寝屋川市駅(西口)→寝屋川車庫→摂南
     大学→流通センター前→東雲運動公園前
     →阪急茨木南口→茨木市役所前→JR茨
     木東口(片道約45分)     
■運賃例 250円(寝屋川市駅〜JR茨木東口)
■時 間 寝屋川市駅始発 6時29分
          最終 19時36分
     JR茨木東口始発 6時48分
          最終 20時18分


◆市街地再開発事業等特別委員会で進捗を確認

「寝屋川市駅東地区」「香里園東地区」の再開発事業、「寝屋南地区」の土地区画事業の進捗状況・今後の予定について、 コンピューター・グラフィックスを利用し、説明が行われました。また、それに対する質問もありましたので、一部掲載いたします。

■寝屋川市駅東地区第二種市街地再開発事業
・地権者の住宅譲り受け状況
・管理処分計画の認可予定
・教育文化施設の詳細予定
・教育文化施設と文化ホールの連携
・街路事業の予定と活性化策
・土地収用について
・再開発会社の株主状況
・事業完成後の市税収入の見込み
・一般業務代行者の状況
・文化ホール関係では・・・
   利用者の駐車場の確保
   ピアノと保管庫
   評価制度の工夫
   椅子のグレード
   車椅子席の増設
   収支予測
・文化向上策

■香里園駅東地区第一種市街地再開発事業
・駅と結ばれるデッキについて
・ラッシュ時の交通量予測と対応
・第1街区(北側)は何市になるのか
・第1街区周辺の歩道整備時期
・権利変換の同意状況
・資金計画の変化
・商業施設規模拡大の理由
・地震や火災への対策
・関西医科大香里病院の診療科目
・現在のバスターミナルの利用予定

■寝屋南土地区画整理事業
・都市計画道寝屋線について
・交通環境対策
・雨水貯留施設築造費を軽減する工夫
・減歩率の状況
・換地設計への市の協力
・まちづくり3法との関係
・商業施設の計画内容

今回の委員会は、事実関係への確認に限っての質問となっています。今後街の将来像を含めた意見を含めた質問の機会も予定されております。


◆郵便局の今昔

今年の10月1日をもって、郵便局は民営化をされました。
日本の郵便制度は、前島密が明治4年に「全国一律料金(2銭)」として創設し、東京ー大阪間を3日と6時間で結びました。
以前に、「電車飛脚」なるものをご紹介いたしましたが、郵便制度ができるまでは「飛脚」が中心で、業者からは大きな抵抗がありました。
シリーズねやがわ史
当時の発想は、「官による民への参入」とも言えます。また、ネットワーク拡大のために行った特定郵便局制度は 「民間活力と民間資金の活用」とも言えます。

さて、本市に郵便局が設置されたのは、明治44年6月に、今のベル大利商店街の中ほどに開設されました。 (右の写真)

 


戻る

Copyright 2002 BANDO KEIJI.,all rights reserved.